交通事故に遭った時、どうやって弁護士事務所を探す?交通事故に強い弁護士の選び方

代表弁護士 田中 克憲 (たなか かつのり)

交通事故によって被害を受けたら、適切な補償をしてもらうためにも、弁護士に相談する必要があります。ただ、弁護士と言っても様々で、離婚事件を得意としている弁護士もいれば、刑事事件を得意としている弁護士もいます。

交通事故という分野については、法学部などで学ぶことではなく、実際の実務の中で培ってきた経験によって学んでいくもののため、交通事故が得意な弁護士を探すのであれば、自ずと交通事故の相談件数、取扱件数が多い弁護士を探すことが重要です。

交通事故が得意だとサポートが早い

交通事故に強い弁護士は、そのアドバイスもとても的確です。それを見分けるコツは、交通事故発生直後の治療段階に相談することでわかります。交通事故を得意分野としていない弁護士の場合、怪我の治療中に相談すると大体こう言います。

「怪我の治療が終わってからまた来てください」

なぜでしょう。

交通事故の損害賠償請求をするためには、その損害が確定している必要があります。でも、治療中の場合は治療費が現在進行形でかかり続けているため、損害額が確定できません。

そのため、交通事故を得意としていない弁護士は治療中に相談されても、治療が終わってから来てくださいと被害者を帰らせてしまうのです。

これに対し、当事務所のように交通事故を得意としている法律事務所の場合は、そのような治療中の段階でご相談を頂いた場合についても、積極的にサポートいたします。なぜなら、治療方針や治療過程によっても、最終的な治療費や慰謝料の金額に影響が出てくるからです。当事務所では、まず痛みをガマンせずに必要な通院を続けてもらいます。これは、通院日数が通院慰謝料にかかわるからです。

また、他覚所見(レントゲンやCT、MRIなどで見られる異常)がない場合、継続的な通院が後遺障害認定のポイントとなります。例えば、追突事故に多い鞭打ち症などの場合は、他覚的所見が得られないケースが多いため、適切な治療を受けることが重要です。弁護士に相談しないまま、接骨院、整骨院、マッサージなどに通い続けてしまうと、本来取れるものも取れなくなってしまいます。

そうならないためにも、事故後は早めに交通事故に強い弁護士に依頼しましょう。

当事務所では治療中も積極的にサポートします

当事務所は、交通事故の慰謝料増額に大きく影響する後遺障害認定に力を入れております。当事務所にご相談頂ければ、依頼者の症状に近い症例を調べて、「こういう場合に後遺障害が認められる」というアドバイスを致します。

また、自覚症状がある場合は、それを医師に訴えて診断書に明記してもらいます。(診断書は後遺障害を認定する際の資料のひとつです)そして、後遺障害の適正な認定を受けるために、専門的な検査を受けることが重要です。

示談金増額のカギは弁護士選びにかかっている

このように示談金を増額するためには、交通事故発生後の治療段階から、親身になってサポートしてくれる弁護士に相談することが重要です。

相談する先を間違えると、適切な治療が受けられず、結果として示談金が大幅に低くなってしまう恐れもあります。交通事故における示談金増額は、弁護士選びで決まると言っても過言ではありません。

当事務所は悩みを抱えている方々に丁寧に向き合い、じっくりとお話をお伺いして一つ一つ問題解決に取り組んでいきます。

適正な補償を得ていただくための交渉はもちろん、事故後の正しい対処法へのアドバイスも含め、依頼者の方にしっかりと寄り添い問題解決に向けてのサポートを行います。

また、当事務所にご依頼頂ければ、面倒な手続きや示談交渉についても、すべて弁護士が行います。これにより、精神的負担が軽くなります。ご依頼者はなにもしなくて良いので、とにかく怪我の治療に専念することができるでしょう。