高齢者や子供の死亡事故の場合、慰謝料はどの程度になるのか

交通死亡事故の損害賠償請求において、特に注意しなければならないのが「高齢者」や「子供」が死亡したケースです。この場合は、その損害額の算定において何かと不利に働くことが多い為注意が必要です。

そこで今回は、高齢者や子供が交通事故で死亡したケースにおける損害賠償請求の注意点について解説します。

高齢者の死亡事故は「慰謝料」が安く見られる

交通事故によって大切な家族が死亡してしまった場合、その悲しみの度合いはたとえそれが子供であれ大人であれ、高齢者であれ気持ちの面では同じでしょう。

けれどもこれが交通事故の損害賠償請求となってくると残念ながら違ってきます。一言で言えば、高齢者が交通死亡事故の被害者となった場合は、死亡慰謝料が通常よりも「低く」見積もられる傾向にあります。

なぜでしょう。

それは、高齢者の場合はすでに「人生を享受している」とされる度合いが、若者よりも多いと考えられるため、若者が死亡した場合に比べ慰謝料が減額される傾向にあるのです。

過去の判例でも、高齢者の死亡慰謝料は概ね2000万円前後です。これに対し一家の大黒柱など働き盛りの男性などが死亡した場合の慰謝料相場はおよそ2800万円前後です。(いずれも裁判基準)

このように高齢者の死亡事故は、慰謝料が低く見られるため、保険会社側と交渉する際にはこれを念頭において、できる限り減額に応じないようにしましょう。

実は子供の慰謝料相場も低い

では子供の死亡事故の慰謝料はというと、実はこちらについても非常に低く、裁判基準だとしてもおよそ2000〜2200万円程度と低く見られてしまいます。

これは、独身の男女の慰謝料相場というくくりになります。ただ、子供の慰謝料については、親の気持ちを考えるととてもこんな金額では納得できないでしょう。実際に、過去の裁判例でもこの金額に納得ができず、訴えた事例が複数あります。

その結果、子供であっても一家の大黒柱と同等の慰謝料まで増額したような事例もあるようです。

このように、一概に相場通りの慰謝料で落ち着くとは限りませんので、できる限り交通事故に強い弁護士に示談交渉を相談した方が良いでしょう。

子供と高齢者では「逸失利益」に大きな差が出る

ちなみに、子供と高齢者の死亡事故で損害額が大きく違ってくるのが「逸失利益」です。つまり、死亡しなければ得られたであろう利益を逸失利益といい、これを損害賠償の一項目として見積もって加害者へ請求します。

高齢者の場合、逸失利益については非常に低く見られるため、正直なところあまり期待できません。

これに対し子供のような場合は、まだ人生が長いですから逸失利益についても高額になってきます。

ちなみに、逸失利益を算定する際には、平均賃金を数値化した「賃金センサス」というデータを用いて算出するのですが、通常このデータは男性の賃金センサスと女性の賃金センサスに分かれています。これは男性と女性で平均年収が異なってくるからです。

けれども、まだ若い子供が死亡したような場合は、将来的にあらゆる可能性を削がれたことになりますので、そのあたりを考慮して女の子であっても男性の賃金センサスとの平均額などで計算するケースもあります。

このあたりについては、裁判で争えば賠償金を増額出来る要素となりますので覚えておきましょう。

まとめ

このように、高齢者や子供が死亡事故の被害にあった場合は、通常の死亡事故以上に慰謝料や逸失利益などの請求に慎重になる必要があります。

くれぐれも保険会社の減額交渉には応じないようにし、できる限り早めに弁護士に相談することをお勧めします。