頚部捻挫の後遺障害について,異議申立により後遺障害14級が認定された事案

ご相談内容

被害者 30代会社員男性
部位
傷病名 頚椎捻挫,右肩関節捻挫
後遺障害等級 14級
獲得金額 400万円

事故半年後,相手方保険会社より一括対応(被害者が病院で治療費を支払うことなく,保険会社が病院に直接治療費を支払う対応)の終了を告げられましたが,ご本人は治療継続希望されており,①治療継続すること,その後の②後遺障害申請と③示談交渉をして適正な賠償金を獲得してほしいとのことでご相談いただきました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 14級
入通院慰謝料 60 105 45
逸失利益 0 110 110
後遺障害慰謝料 0 110 110
合計 60 325 265

まずは,相手方保険会社に対して,一括対応を継続してもらえるように交渉しました。ご本人に通院の仕方についてアドバイスをした上で、治療費を持ち出して通院を継続し,被害者請求によって回収することとしました(①)。その後,症状固定を待って,後遺障害申請(②)をし,結果を待って,示談交渉をしました(③)。

解決内容

本件では,わずかに一括対応期間を延ばすことができ,その後はご本人が治療費を立替えて通院を継続しました(①)。後遺障害申請をしたものの,1度目は非該当で回答が返ってきました。そこで,主治医と相談した上,意見書を書いてもらい,異議申立てを行った結果,14級該当と変更され,後遺障害認定を得ることができました(②)。その上で,示談交渉を行い,裁判基準での適正な金額で示談を成立させることができました(③)。

所感(担当弁護士より)

本件では,一度,後遺障害が非該当と認定されたため,直ちに回答書の内容を主治医と共有し,主治医と相談を行った上,意見書を作成してもらい,主治医との相談内容,意見書をもとに異議申立書を作成し,異議申立ての手続きを採りました。主治医の先生の的確な意見書のおかげもあり,無事14級該当として主張を認めてもらう事が出来ました。
「捻挫」という傷病名の場合,後遺障害非該当とされることが非常に多いですが,自賠責調査事務所における結論の不当性を,医学的根拠に基づいて指摘することができたため,後遺障害が認定された事案であると考えられます。

その他の解決事例