胸椎圧迫骨折の障害を負った方について,後遺障害11級が認定され,総額約1450万円の損害が認められた事案

ご相談内容

被害者 70代女性
部位
傷病名 胸椎圧迫骨折等
後遺障害等級 11級
獲得金額 1450万円

被害者ご本人が重傷で,ご家族もご本人の病院の付添いや様々の手続きで手が離せない中,相手方保険会社とも話をしなければならず,相手方保険会社の言っていることが正しいのかも分からなくて困っている。今後の流れもわからないので弁護士に頼んで,事故を処理してもらいたいとの事でご相談いただきました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 11級
入通院慰謝料 170 270 100
逸失利益 190 360 170
後遺障害慰謝料 0 420 420
合計 360 1050 690

相手方保険会社との交渉窓口として,退院後の通院の仕方についてアドバイスをした上,治療経過や後遺障害申請に関して,主治医の先生と面談を行いました。治療終了後には,再度主治医の先生と面談をした上で,後遺障害診断書を作成していただき,自賠責に後遺障害申請を行いました。後遺障害申請の結果を踏まえて,裁判基準で損害を計算し,相手方保険会社と交渉しました。

解決内容

自賠責において,後遺障害11級が認定され,裁判基準に基づいて,総額約1450万円で迅速に解決する事が出来ました。

所感(担当弁護士より)

本件では,ご依頼者様ご本人が重傷を負われていたこともあり,ご家族も病院関係にかかりきりになり,その中で保険会社とも話をしなければならないことが相当ご心労になっていました。弁護士が入ることで,保険会社と交渉しなくてよくなり,治療に集中できたことは,ご依頼者様及びご家族にとって大きなメリットになったのではないかと思います。
また,治療経過や後遺障害残存の見込み等に関して,早い段階から医師と面談をし,治療状況や今後の見込みを,相互に共有することで,適切な後遺障害申請が可能となり,結果として11級が認められました。後遺障害の今後の生活への影響に関しても,医師のご意見をいただいたことで,迅速に相手方保険会社を説得することに成功した事案であると考えています。

その他の解決事例