右肩と右股関節の両方の後遺障害により,総額約1100万円の損害発生が認められた事案

ご相談内容

被害者 60代パート男性
部位 右肩,右股関節
傷病名 右鎖骨末端骨折,右寛骨臼骨折
後遺障害等級 11級
獲得金額 1100万円

相手方保険会社から提案された金額が,少ないと感じ,逸失利益などが認めらえていなかったため,提示金額が適正な金額と言えるのか,逸失利益は認めてもらえないのかという内容で,ご相談いただきました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 11級
入通院慰謝料 0 190 190
逸失利益 0 270 270
後遺障害慰謝料 0 420 420
合計 0 880 880

相手方保険会社の提示金額の根拠を検討し,裁判基準に引き直して計算しました。逸失利益については,パートの収入を基礎収入として,約10年分の逸失利益を計算して,相手方保険会社に提案し,交渉しました。

解決内容

結果的に,逸失利益については,パートの収入を基礎収入として,約10年分の逸失利益のほぼ全額の支払いを受ける事ができ,その他の項目もすべて裁判基準にて解決することができました。また,解決に至るまで時間にも非常に短いものとなりました。

所感(担当弁護士より)

60代以降の方の逸失利益については,争いになることが比較的多いように思われます。本件も60代後半であり,また後遺障害が11級であったことから,逸失利益も高額になるため,争いになったものといえます。このような場合,基礎収入を計算し,平均余命の半分の期間を基準として逸失利益を計算します。本件でも,すぐに資料を取り付けて,計算した上で,相手方保険会社と交渉したことにより,ほぼ全額の支払いを受ける事ができ,かなり迅速な解決になったものと思われます。

その他の解決事例