近間隔で2事故に遭い,双方の相手方から因果関係がないとして賠償を拒まれていたが,裁判基準で解決した事案

ご相談内容

被害者 60代自営業男性
部位 首,腰
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級 14級
獲得金額 420万円

交通事故に遭った直後に,2回目の交通事故に遭い,①因果関係がわからないとして双方の保険会社から賠償を拒まれており,②休業損害算出のための基礎収入について争いがあり,解決してほしいとご相談いただきました。

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 14級
入通院慰謝料 50 120 70
逸失利益 10 110 100
後遺障害慰謝料 0 150 150
合計 0 380 320

まず,2事故目の保険会社と交渉し,治療費等について一括対応(被害者が病院で治療費を支払うことなく,保険会社が病院に直接治療費を支払う対応)をお願いしました。その上で,通院の仕方についてアドバイスをし,一括対応を打切られてからは,自費で症状固定まで通院していただきました。後遺障害診断書を主治医の先生に書いていただき,必要書類を集めて,後遺障害申請をしました(①)。後遺障害認定結果を待って,それを基に示談交渉を行いました。
休業損害については,収入が分かる資料を集めていただき,意見書を作成して,保険会社に提出しました(②)。

解決内容

自賠責保険において,後遺障害14級が認定され,ご依頼者様にお持出しいただいた治療費も全額回収する事が出来ました。自賠責で後遺障害や治療費が認められたため,保険会社も賠償責任を認めました(①)。
休業損害についても,ほぼ全額認められ(②),最終的に裁判基準で解決することができました。

所感(担当弁護士より)

本件のように,近い間隔で複数の事故に遭った場合,それぞれの事故とお怪我との因果関係が問題なることがあります。複数の事故がそれぞれ影響していると評価できる場合には,「異時共同不法行為」と言って,すべての相手方が責任を負う事になります。本件も,異時共同不法行為であると認定され,1事故目,2事故目ともにお怪我と因果関係があるものとされ,双方の相手方に賠償責任があることが認められました。事故の資料をきちんと収集し,適切に申立たことがこの認定につながったと思われます。
休業損害についても,公的な証明書のない難しい事案でしたが,適切な資料を収集し,保険会社とねばり強く交渉したことで認めてもらう事が出来たと思います。

その他の解決事例