交通事故で利用する事ができる様々な保険について

交通事故の被害に遭った際に、気になることといえば「保険」の問題があります。

実は交通事故に適用できる保険は、自動車保険だけではありません。交通事故の状況に応じて、適切に保険を適用して補償を受けることはとても重要です。そこで今回は、交通事故で使うことができる保険の種類と内容について解説したいと思います。

交通事故で使える保険1:自賠責保険

交通事故の保険で、まず真っ先に思い浮かぶのが「自賠責保険」です。

そもそも自賠責保険とは、自動車やバイク(原付バイクを含む)に加入が義務付けられている「強制加入保険」です。

交通事故が発生すると、被害者は怪我の治療など様々な出費を伴います。この際、加害者側に資力がないと被害者が適切な補償を受けられないという事態が生じる恐れがあります。そこで、このような状況を救済するために、交通事故によって加害者が賠償すべき最低限の金額をこの自賠責保険で補償しましょうということなのです。

ですから、日本の道路は自賠責保険なしで走行することはできません。もしも無保険で走行すれば違法です。

なお、一般的に「自賠責保険だけでは危ないから、任意保険も加入した方が良い」なんて言ったりしますが、これはなぜだと思いますか?

自賠責保険は被害者の最低限の救済を目的としているため、補償の範囲は非常に狭く、また補償されるのは「対人賠償」のみ、つまり交通事故で他人を死傷させた場合における治療費や慰謝料などが対象であり、車両の修理などの「対物賠償」については一切補償されません。

そのため、交通事故で他人の車を破損させてしまうと、自賠責保険では保険金が下りないため、基本的には実費で賠償することになります。これが、「自賠責保険だけでは危ない」とする主な理由です。

交通事故で使える保険2:任意保険

民間の保険会社が提供している損害保険で、加入するかどうかは自賠責保険とは違い任意のため、任意保険と言います。任意保険は先ほどの自賠責保険では補償しきれない広い範囲を手厚くカバーしてくれます。

補償内容については、保険会社によっても違いますが、自賠責保険ではない「対物賠償」も含まれているのが特徴です。また、対人賠償についても、自賠責保険の補償額を超える部分については任意保険によって賠償を受けられます。

もしも交通事故の被害に遭ったら、加害者側の自賠責保険と任意保険の証券については、その場で直接見て確認しておくことをお勧めします。

なお、自賠責保険は加害者側の任意保険会社を通じて請求する「事前認定」と、被害者が直接自賠責保険会社に請求する「被害者請求」の2種類の請求方法があります。通常は、事前認定の流れで進むのが一般的です。

交通事故で使える保険3:労災保険

仕事中に交通事故の被害に遭うと、自動車保険の他にも「労災保険」の補償対象となります。ただ、普通に考えると「こっちは被害者なんだから、加害者側の自賠責保険を使えば良いのでは?」と思いますよね。

確かにその通りですが、ただ自賠責保険はあくまで最低限の補償しか受けられないため、限度額も非常に低く、決して手厚い補償とは言えません。また、自賠責保険や任意保険では被害者側の過失に応じて過失相殺がされるため、補償される金額にも制限がかかります。

ですが、労災保険の場合はあくまで自分自身が加入している保険のため、過失相殺によって保険金が減る心配がありません。

また、労災を使うことで限度額が低い自賠責保険を有効に利用することができます。そのため、もしも仕事中に交通事故の被害に遭ったら、まずはご自身の加入している労災保険を確認してみましょう。

交通事故で使える保険4:健康保険

あまり知られていませんが、実は交通事故の怪我を治療する際にも、通常利用している健康保険を適用することができます。ただ、病院で交通事故の治療を受けると、会計の際に健康保険証を提示しても「交通事故では健康保険は使えません」と案内されることがあります。

ですが、決してそんなことはありません。病院側は自由診療扱いにした方が利益率が良いため、交通事故の場合は一律にそのような案内をしているケースがあるようです。ただ、実際は健康保険が使えますのでご安心下さい。

「治療費は加害者が負担するはずだから、わざわざ健康保険を使う必要はないのでは?」と思うかもしれませんが、実はそうとも言えません。

交通事故の場合は、被害者側にも過失割合がつくことが多く、たとえ被害者であっても、賠償金の総額から一定額を負担することになります。これを過失相殺と言います。

つまり、たとえ被害者であっても、できる限り治療費などを最小限に抑えておかないと、後で自分に跳ね返ってくることがあるのです。そのため、治療を受ける際には極力健康保険を使って、発生する実費分を少なくすることを心がけると良いでしょう。

まとめ

このように交通事故が発生した際には、自動車保険に限らず、労災保険や健康保険も活用することができます。まずはどのように保険を適用することがベストなのか、専門家である弁護士に相談することをお勧めします。